優良な通販サイトの見極め方

もしもこんなことがあったら

もう一度今の状況を確認してみよう

購入側に原因がある場合は、購入した際の条件を確認し、決められた期間にショップに連絡しましょう。
ショップ側に原因がある場合は、注文したショップに速やかに連絡しましょう。無料で交換などの対応をしてくれます。

以下のような場合は、詐欺サイトである可能性が高いです。

支払いまでいった途端に連絡が途絶えるといったお金だけとられ商品が届かない。
ブランド品などの粗悪品や偽物が届いた。

その場合、個人情報は入力したのか、IDやパスワードを入力したかクレジットカードで購入したかもう一度確認しましょう。
まだサイトが残っている場合で変更が可能ならば、個人情報を書き換えましょう。
IDやパスワードを他のサイトと同じ場合は、すぐに他のサイトのIDやパスワードを変えましょう。
銀行振込の場合、振込先の口座を凍結できる可能性もあるので銀行に連絡。
クレジットの場合は、悪用される可能性もあるのでクレジット会社にすぐに連絡しましょう。

被害にあったと思ったら関係各所に連絡

詐欺サイトの被害にあったときには、速やかに関係各所に連絡をすることが被害を大きくしないためにも重要になってきます。
被害にあった時の状況を把握しておくことが大事です。

サイトからの連絡の痕跡、注文した商品の料金支払い先を証明するものを用意します。
また、どのように説明するかを前もって考えておきます。

準備が整ったら次のように対処します。

・警察に被害届を提出 明らかに詐欺にあったという場合は、すぐに警察に被害届をだしましょう。または、サイバー犯罪相談窓口に相談。
・消費者ホットラインに相談
・国民生活センターに連絡
・銀行に連絡 支払い先の口座を凍結できる可能性があります
・クレジットカード会社に連絡 不正利用がされないためにもクレジットで支払った場合は必ず連絡を

被害を最小限に抑えるためにも、他の購入者が被害にあわないためにも、関係各所に連絡することが非常に大切です。


この記事をシェアする